今、夢見る建築とは?
4月27

今、夢見る建築とは?

立原道造(1914~1939)、享年24歳。僕(評者)の24歳などほとんど何もなしえていなかったに等しい。もうその3倍近く生きてきたけれど、この夭折の詩人・建築家の生の密度は想像もできない。 だからというわけでもないけれど、若くして多産なその仕事について、これまで考えることがなかった。もちろん、その名は知っていた。角川版の『立原道造全集』全六巻(1971~73)が出たのは大学院の頃である。...

Read More
「伊東豊雄はどこへいく?」を読んで
4月14

「伊東豊雄はどこへいく?」を読んで

『伊東豊雄はどこへく?』http://touron.aij.or.jp/2017/02/3548...

Read More
伊東豊雄はどこへ行く?
2月14

伊東豊雄はどこへ行く?

台中国家歌劇院が10年がかりで竣工した。仙台で開催された第11回アジアの建築交流国際シンポジウムISAIA(International Symposium on Architectural Interchange in...

Read More
コミュニティ・アーキテクト、アーキテクト・ビルダー、そして地域建築工房の行方?
1月13
Read More
東京:祭師と開発業者たちのパラダイス?
12月13
Read More
建築と俳句の狭間
11月14
Read More
1 / 612345...最後 »