伊藤寛「原発災害後6年間、その復旧・復興過程で考えてきたこと」
8月07

伊藤寛「原発災害後6年間、その復旧・復興過程で考えてきたこと」

1. 「伊藤さんが助役・町長時代に郷土出身の建築家・大高正人氏と三春におけるまちづくり・公共施設建設に取り組んできたことがその後のまちづくりの教訓として活かされているのでしょうか、また福島原発災害からの地域再生の思いにどう繋がっているのでしょうか。」 (1)大高正人先生のまちづくり思想 三春町のまちづくりや原発災害への対応は、三春町出身の建築家・大高正人先生から学んだまちづくりの思想と深く結びついている。 1)住民本位のまちづくり...

Read More
住宅施策と地域連携~応急仮設住宅から災害公営住宅へ~
7月07
Read More
複線型の福島復興政策の確立に向けて
5月23

複線型の福島復興政策の確立に向けて

1. 福島原発事故と“2020年問題” 福島原発事故の発生から6年が経過した今、被災者の生活再建こそ「加速化」されるべきであるが、逆に、被災者や被災地の実態にかかわらず、避難指示の解除、被災者への支援と賠償の打ち切りが「加速化」されている。...

Read More
福島原発災害6年を経て-なお過酷な復興への道程
5月01

福島原発災害6年を経て-なお過酷な復興への道程

1.「避難指示解除」は、ただちにふるさとへの帰還を実現できない...

Read More