『ロシアに行く:建築の背景にある文化や生活』
7月01

『ロシアに行く:建築の背景にある文化や生活』

はじめに ロシアについて、建築の背景にある文化や生活を、実際の体験を通して綴ってみたいと思う。建築を構成する部品に興味を持ち、日本にはないヨーロッパのデザイン素材に触れ、それらを輸入販売や調達代行する仕事をしている。知的財産を介した技術移転や連携交渉の実務にも従事している。欧州と日本を行き来する中で、ロシア市場を目指す日本企業に出会い、市場参入という難題に帯同し、多くのロシア企業を訪れ、ロシア人と出会うこととなった。...

Read More
台湾-台中の建築事情 ~「台中」の町づくり
1月10

台湾-台中の建築事情 ~「台中」の町づくり

はじめに: 「台中」は100年の計と言われる町づくりの最中にある台湾第3の都市である。台湾の中でも温暖で安定した気候を有し、都市化しつつ伝統文化や歴史遺産を大切にする町として台湾の若者にも人気が高い。台中人は新しいモノ好きで「気持ち」を重んじ、文化において相乗効果を生む組み合わせを試行錯誤し、新しい事をしようという気運が高い。...

Read More
都市の選択
12月05

都市の選択

故郷であるバンコクに戻ってきて早5年が過ぎた。 この数年、バンコクの都市風景の変化は著しい。そこで本エッセイは、その都市の変化を体験する一証人として、ここ数年で起きた幾つかの出来事と、それらを巡って考えたことのレコードとしたい。 2つの災害...

Read More
ポルトガルとスペインの建築事情
10月21
Read More
過熱するオーストラリアの集合住宅市場
10月01

過熱するオーストラリアの集合住宅市場

1.はじめに 現在、オーストラリアは自他ともに認める住宅ブームのさなかにある。その背景には、安定的な人口増加、シドニー、メルボルンなどの主要大都市への人口流入、個人投資家に有利な所得税制などの要因があるが、近年はそれらに加えて移民の増加、海外からの投資の増加が大きく影響しているとされる。...

Read More
ラオスにおける土地利用規制・建築集団規制の制度構築
7月02

ラオスにおける土地利用規制・建築集団規制の制度構築

1.はじめに ラオスは、東南アジアで唯一の内陸国であり、周囲は5カ国に接している(下図)。広さは24万km2(日本の本州とほぼ同じ)、人口はおよそ680万人、産業としては水力発電(隣国タイなどに売電)、鉱物資源などがある。...

Read More
1 / 3123