今、夢見る建築とは?
4月27

今、夢見る建築とは?

立原道造(1914~1939)、享年24歳。僕(評者)の24歳などほとんど何もなしえていなかったに等しい。もうその3倍近く生きてきたけれど、この夭折の詩人・建築家の生の密度は想像もできない。 だからというわけでもないけれど、若くして多産なその仕事について、これまで考えることがなかった。もちろん、その名は知っていた。角川版の『立原道造全集』全六巻(1971~73)が出たのは大学院の頃である。...

Read More
「伊東豊雄はどこへいく?」を読んで
4月14

「伊東豊雄はどこへいく?」を読んで

『伊東豊雄はどこへく?』http://touron.aij.or.jp/2017/02/3548...

Read More
様相論
4月01

様相論

空間に曖昧さや時間的変化を取り入れ、建築に複雑さを取り戻す試み <様相論> 原広司は近代建築を成立させた機能主義を、様相論によって乗り越えようとする。様相論は、空間に曖昧性や時間的変化を組み込む理論であり、部分が全体を超える手法の可能性は、いままさに注目されるべきだといえる。  ...

Read More