100年を見越したモノ派の鉄板造~構造家の挑戦としてのIRONHOUSE~
2月10

100年を見越したモノ派の鉄板造~構造家の挑戦としてのIRONHOUSE~

建築家の自邸評価を試みる本連載でIRONHOUSE は異色な存在だろう。なぜならこの住宅は構造家である梅沢良三氏の自邸だからだ。構造家の自邸であり、構造家自身が設計者として名を連ねるこの住宅の評価はいかなるものであろうか。盛夏の強い日差しの中、世田谷の住宅街に広がる深い緑を通り抜けて表れたのは、さび色の鉄の塊が鎮座したかのような強烈な外観を持つIRONHOUSE...

Read More
対談「梅沢良三×脇坂圭一」 構造材 / 仕上材としてのサンドイッチ鉄板造ができるまで
2月10
Read More
IRONHOUSEと私の住宅観
2月10

IRONHOUSEと私の住宅観

IRONHOUSEの設計依頼を梅沢氏より受けたとき、その始めに感じたものは、IRONHOUSEの建築主であり、構造設計者であり、かつ共同設計者でもある梅沢氏の、鉄を素材として建築をつくるという強い意志であった。 そしてIRONHOUSE というこの建築の名称もまた、梅沢氏によって名付けられたものである。...

Read More
IRONHOUSE 設計メモ
2月10
Read More
かたちで環境をつくる。
2月06

かたちで環境をつくる。

・今なぜ、かたちなのか...

Read More
「シェアリングエコノミー」の可能性 ~アイザ鎌倉の簡易宿泊所を通して~
1月25

「シェアリングエコノミー」の可能性 ~アイザ鎌倉の簡易宿泊所を通して~

1.はじめに 観光産業は世界のGDPの1割を占め、総就労人口は13名に1名以上といわれている。 (世界旅行ツーリズム協議会の調査)これは今まで世界最大といわれた自動車産業をはるかにしのぎ、世界最大の産業になりつつある。 これは日本でも言えることで、平成15年の小泉政権の「観光立国懇談会」に始まり、平成27年の安部政権の「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」にいたるまで内閣府レベルで観光立国化の流れが進んでいる。...

Read More