ドッグハウス=「自分の家」
10月17

ドッグハウス=「自分の家」

木下道郎 鈴木雅之+各委員 (インタビュー:2012年11月)   住宅の遍歴   Q:これまでどういうところに住まわれていたのか、教えていだだけますか。  ...

Read More
「ドッグハウス」という建築家の家
10月17

「ドッグハウス」という建築家の家

ドッグハウスについて 2005年4月の竣工以来50ヶ月が経過しました。竣工までのことはいろいろなところで文章にしているので今回は竣工後実際に生活が始まってからのことを書いてみたいと思います。 この家の最大の特色は家全体が屋外空間によって家族棟と個人棟の二つに完全に分断されているという常ならぬ平面構成にあります。四つの個室はこの囲われた屋外空間からのみ出入りするようになっているほか、洗面所、浴室、今、食事室、厨房もここに開いています。...

Read More
木下邸を読む
10月17
Read More
地域から始まる建築
8月24

地域から始まる建築

「地域から始まる建築」というのを書いてみましたが、ようは地元の建築士が地元と密接に関係して仕事をしていないというアイロニーから来ています。 僕は杉並区高円寺に在住して20年になりますが多くの周りに住む商店街の人たちや近くの住宅に住む人たちに話を聞いてみると住宅の改修や新築工事を行うときにまず相談するのが大手ハウスメーカーや大手建設会社です。...

Read More
平準化する都市の「空気」のなかで——《アップルストア表参道》にみる都市空間の「道具化」—
8月10
Read More
建築・プロダクト・インテリアを巡る言葉——アップルストア表参道から考える
8月08

建築・プロダクト・インテリアを巡る言葉——アップルストア表参道から考える

2016年6月30日収録@日本建築学会会館 日埜直彦×浅子佳英×吉本憲生(司会)×市川紘司(司会) ■表参道の特殊性 市川紘司:はじめに《アップルストア表参道店》(以下、《アップル》)を取り上げる経緯についてお話しますが、まずは基本的な建築情報をおさえておきます。...

Read More