ルネサンスの理想都市
3月22

ルネサンスの理想都市

幾何学的秩序と軍事的要請が組み合わさって生まれた「理想」の都市 <ルネサンスの理想都市> ルネサンス期のイタリアは、フランス、ハプスブルク君主国、オスマン・トルコといった強国に囲まれていた。その脅威も意識しつつ、建築家たちはルネサンス的秩序に軍事的合理性を結びつけながら理想都市を描いた。  ...

Read More
近代建築の五原則
3月22

近代建築の五原則

ウェブ版『建築討論』に、新しい連載が始まります。建築に関わるさまざまな思想について、イラストで図解する「建築思想図鑑」です。古典から現在まで、欧米から日本まで、古今東西の建築思想を、若手建築家、建築史家らが読み解きます。イラストでの解説を試みるのは、早稲田大学大学院古谷誠章研究室出身のイラストレーター、寺田晶子さんです。...

Read More
原始の小屋
3月22

原始の小屋

虚飾を攻撃した合理主義の先駆け <原始の小屋> 18世紀、理性によって旧慣を打破する考えが主張されるようになった(啓蒙主義)。建築においても外見のみを着飾るこれまでの方法を改め、建築の原理を探求する姿勢が生まれる。それは新古典主義の基盤になると同時に、後の合理主義的な建築理論にも影響を与えた。  ...

Read More
サンドバーグ「シカゴ詩集」(1916年、発刊100年)
3月10
Read More
『日建設計 115年の生命誌』
1月25

『日建設計 115年の生命誌』

日建設計の起源は、1900年、技師長・野口孫一31歳、日高胖25歳を中心に26名の建築技術者が招集されて発足した住友本店臨時建築部に遡る。今日の日建設計が発足するのは1970年、その前身である日建設計工務が設立されたのは1950年であるが、創業115年、戦後70年を意識した出版である。野口孫一没後100年でもある。 執筆は、林和之日建設計・顧問、監修を岡本慶一会長が務めるとは言え、社史を一人が執筆するのは珍しい。...

Read More
『建築学のすすめ』
1月25

『建築学のすすめ』

本書は、京都大学建築系教室を母体とする『traverse――新建築学研究』編集委員会を中心として編まれたものです建築学の入門書である。『traverse――新建築学研究』は 2000 年 4 月に創刊され、年刊で現在まで 15 号発刊されている。 その創刊の言葉は以下のように書きだされています。 「京都大学「建築系教室」を中心とするグループを母胎として、その多彩な活動...

Read More